日時
6月14日(火)4限
対象生徒
国際科学科2年生理系 48名
講師
京都大学工学部地球工学科 准教授 後藤忠徳先生
内容
「地震・海底・海」と題し、地震発生の仕組みや地震予知に向けての観測などについて、東日本大震災のデータや来るべき南海トラフでの地震を例に、お話していただきました。
講義の最後に生徒の質問を持ち帰ってくださり、それを先生のブログで回答してくださっています。
 


 
 
 
 
SSH 大学の先生による特別講義 2011/6/24 掲載